株価指標PER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)の違いと使い分けについて

マネー

こんにちは。最近は資産運用に関するニュースなども増えてきて、株取引を始めている人や株取引に興味がある人も多いのではないでしょうか。

株取引を始めたばかりだと、ある企業の株を購入したいと思ったときに、その株が買い時なのか、買うのは待った方が良いのか判断に困るときが出てくると思います。

そのような場合に、株価が割安(期待される株価よりも低い値)であるか、割高(期待される株価よりも高い値)であるかを判断する指標としてPERやPBRというものがあります。少しでも株取引をしたことがある人であれば聞いたことがあると思います。

しかし、ある企業の株価について割安・割高を判断する際に、どちらの指標を使えばよいのかという点については明確に答えられる人は少ない気がします。

そこで、今回は2つの指標について、どのように使い分ければ良いかということを説明したいと思います。

株価収益率(PER)

株価収益率(PER)というのは、株価を一株あたりの純利益(EPS)で割った数値です。PERが低ければ割安、高ければ割高ということになります。

純利益は、企業が四半期ごとに開示する財務諸表の損益計算書(P/L)の項目であり、企業が一年間で出す利益の金額です。つまり、純利益というのは現在の市場状況や企業の実力によってどれだけ稼ぐ力を持っているかを表しています。

企業の純利益は、その時の景気や市場環境などの外部因子、また資産の購入・売却などの内部因子によって大きく変動することがあります。

そのため、純利益をもとに算出されたPERというのは比較的変動が大きくなる傾向があり、どちらかというと短期的に株価が割高なのか割安なのかを判断する指標として適しています。

株価純資産倍率(PBR)

株価純資産倍率(PBR)は、株価を一株あたりの純資産(BPS)で割った数値です。PBRが低ければ割安、高ければ割高ということになります。

純資産というのは、貸借対照表(バランスシート B/S)の項目であり、株式で得た資金を使って企業がどれだけ利益を貯めてきたかということを示す金額です。つまり、過去から現在までの企業の実績を表しています。

一般的に純資産の額は企業が1年間で得る純利益の額に比べて大きいため、企業の業績が変動しても純利益の変動はそれほど大きくはありません。つまり、PBRの変動はPERの変動に比べて小さくなるため、どちらかというと長期的に株価が割高なのか割安なのかを判断する指標と言えます。

東証スタイルインデックスシリーズ

東京証券取引所(東証)が算出・公表している株価指数にスタイルインデックスというものがあります。

この指数は、TOPIX構成銘柄のうち、PBRを基準として株価が割安なものをバリュー株、株価が割高なものをグロース株として定義して算出されています。

PBRを使って分類がされているのは、長期的な運用の指標として活用することを前提にしているためであると考えられます。

まとめ

2つの株価指標PERとPBRの使い分けがわからない場合は、何を基準に指標が算出されているかを考えてみてください。

損益計算書項目の純利益をもとに算出されるPERは短期的な視点での指標、貸借対照表項目の純資産をもとに算出されるPBRは長期的な視点での指標と考えれば、ご自身の資産運用においてどちらを基準にすれば良いかということがわかってくるのではないでしょうか。

マネー

Posted by totti753f